女性

邪魔な下草は土地の栄養を奪うためしっかりと刈って抜根しておこう

芝張り業者を選ぶ際のコツ

親子

念願の広いお庭を手に入れても周りに少し植物を植えて終わっていませんか。そんな方には芝張りをして庭を緑豊かにしてはどうでしょう。ですが芝を張るのは大変だと思っているかに向けて、芝張り業者の選ぶ際のコツを紹介していくので参考にしてみてください。

園芸に重要な水やり方法

草刈り

ガーデニングに必須な水やりは水道代の関係もあり、ガーデニングを行なっている方の間ではちょっとした問題になっています。しかし、雨が降ればこの水やりを行なう必要がないため天の恵みといえるでしょう。

簡単に刈れる

草刈り

刈払機に装填されている刃には、ナイロンカッターと金属刃の2種類があります。雑木なども刈ることができるのは金属刃ですが、ブロック塀のそばなどで金属刃を使用するのは危険です。その際は、ナイロンカッターに付け替えるようにしましょう。

山林の下草刈り

庭

刈払機の利点について

山林の下草が生え放題になっていると、山林の手入れをすることができなくなってしまいます。良い山林にするためにはある程度の樹間をキープしておく必要がありますので、適宜の伐採が必須になります。しかし、下草がボーボー生えていると、伐採作業のために山林の中に入っていくことができません。下草の陰に台風で折れた枝などが隠れているおそれがありますから、まず下草をキレイに刈ったり生えてこないように抜根したり、足場を整備する必要があります。そのような時に重宝することができるのが、強力なパワーを持つ刈払機です。刈払機の刃にはチップソーが使用されていることが多いのですが、チップソーであれば、ススキや小径木などを簡単に切断することができます。伸び放題になっている雑草と小径木などを全部まとめて刈ってしまうことができるため、山林の下草刈りを短時間で終わらせることができます。また刈るだけではしばらくするとまた伸びてしまうので根こそぎ抜根してしまうという方法もいいでしょう。

安全に使用する方法とは

刈払機には、金属製の回転刃が取り付けられていることが多いです。刈払機の刃には、4枚刃、8枚刃、丸のこ刃、チップソー、ナイロンカッターなど、様々な種類のものがあります。ただし、4枚刃や8枚刃、ナイロンカッターでは、ススキや雑木を切断することができません。そのため、山林の下草刈りをする際には、丸のこ刃もしくはチップソーが取り付けられている刈払機を使う必要があります。いずれの刃が使用されている場合も、刃の回転速度が非常に早いので、正しい方法で操作する必要があります。具体的に言うと、刈刃の回転方向に合わせて、刈払機を右から左方向に向かって円弧を描くように操作しなくてはなりません。逆方向に操作したり往復刈りをしたりすると、刈刃が跳ね返されてしまいます。場合によっては大怪我してしまう可能性がありますので、正しい操作を心がけるようにしましょう。