ガーデニング

邪魔な下草は土地の栄養を奪うためしっかりと刈って抜根しておこう

  1. ホーム
  2. 園芸に重要な水やり方法

園芸に重要な水やり方法

草刈り

雨水ならタダで水やりが出来ます

ガーデニングを趣味にしているとどうしても気になってしまうのが、水やりの際に使用する水道水ではないでしょうか。特に夏場は日差しが強いので、朝昼夕と3回も水やりが必要になりますから、水道水の使用量も多くなってしまいます。せっかく植えている植物たちを枯らさないためには水が必ず必要ですから、水やり自体を止めることは出来ません。そこで最近になってとても多くの人達が、雨水を貯蔵する事が出来る雨水タンクを自宅に設置するようになっています。雨水はタダですから雨の日にタンクに貯えておけば、晴れの日でも水道水を使わずに植物に水やりをすることが出来ます。水道料金を節約できることはもちろんですし、エコで地球にも優しいのでとても多くの人達の注目を集めています。

補助金が出る場合もあります

そこで気になる雨水タンクの設置にかかる費用なのですが、タンクの容量等によって費用は大きく違ってきます。100リットル程度の小型の物なら1万円以下でも購入できますし、それ以上となると2万円から3万円くらいになります。またDIYで取り付ければ費用はかかりませんが、業者に依頼した場合は取付費用がかかることも覚えてきましょう。また雨水タンクは、大雨が降った際に水を貯蔵することが出来るので、洪水などの災害を防ぐことが出来ると言われています。ですから雨水タンクを設置する際に、補助金を出してくれる地方自治体も有りますので、調べてみる事をおすすめします。地方自治体によって補助金を出していなかったり、補助してくれる金額が異なる場合も有りますので注意が必要です。